title-leftマットレスで眠りが変わる?title-right

マットレス(敷きふとん)は、

硬すぎず、柔らかすぎず、人間の筋肉と同等の固さが、安心感と安定感をつくりだすと考えられています。

身体にかかるストレスとは、

一点にかかる圧力のことであり、こうした圧力が睡眠中に起こると、人間はその部分を解消しようとして寝返りを打ちます。身体にかかる圧力は、睡眠を妨げる邪魔者です。マットレスは身体にストレスをかけないことが、絶対条件。柔らかすぎると腰がへこんでしまい、腰痛の原因を作り出します。硬すぎても、腰などに圧力(ストレス)がかかります。

毎日の睡眠の中で最も重要な役割を担っているマットレス。

睡眠は健康の源。睡眠が健康を左右するといっても過言ではありません。

高反発マットレスのページへ戻る

PageTop に戻る